本日 162 人 - 昨日 203 人 - 累計 383239 人
  • 記事検索

RSS

4月は、5年前に植栽した桜が芽吹き、春の陽気のなかで作業を進めることができました。

1.里山の春(桜)


里山整備活動では、間伐材を薪にする作業と桜並木の整備を行いました。

薪づくりの作業は、巻き割り機や斧などを使用して、60束ほど作りました。

2.薪割り


また、整備した遊歩道周りの間伐材や雑草の除去作業を行いました。

5.桜並木の整備① 6.桜並木の整備②


果樹園管理では、ブルーベリーの移植作業と草刈作業を行いました。

画像


移植作業は、露地栽培しているブルーベリーを鉢に植え替えます。

3.ブルーベリーの移植①掘り起こし 4.ブルーベリーの移植②鉢植え


5月は、里山整備活動は、桜並木周辺の整備(雑草の除去等)や果樹園管理(草刈・草引き作業)などを行います。



3月は、前半はまだ雪が舞うなかでの作業でしたが、後半には水仙やさくらんぼの花が咲き、春の息吹が感じられるなかで作業を進めることができました。

7.彩りの森の水仙 画像


里山整備では、間伐材を薪にする作業と桜や楓、梅、桃などの植栽作業を行いました。里山体験会を予定していましたが、蔓延防止期間であったので、スタッフによる薪づくりと植栽となりました。

4.薪割り② 3.薪割り①


5.植栽


果樹園管理では、雑草の除去と、加工場づくりではコンクリートで床を固める作業を中心に行いました。少しずつ作業を進めています。

2.草取り 1.加工場づくり


4月は、里山整備活動は、間伐材の処理と薪づくり、彩りの森の整備(雑草の除去等)、ブルーベリーの移植作業などを行います。


2019年に開催し、好評を博した早春の奥播磨路「葉わさびの里ウォーク」絵文字

葉わさび畑 わさび加工グループ


画像 葉わさびの説明


2022年、再び、朝採れの「葉わさび」巻き寿司やわさび畑が見学できる絵文字

地元ガイドの案内で山里を巡るウォーク絵文字

が帰ってきました絵文字

画像

申込書です↓

申込書


ぜひお申し込みください絵文字



2月は、根雪もようやく解けてきて、予定していた活動を行うことができました。


里山整備では、間伐材を玉切りにして森から運び出しました。

1.間伐材の処理(打合せ) 4.丸太玉切り

3.丸太運搬① 画像

6.丸太の山


また、彩りの森の環境整備(鳥獣に掘り起こされた穴の埋め戻し、雑草の除去、草集め作業)を実施しました。

7.草集め① 8.草集め②

9.草集め③


加工場づくり作業では、ブロックの組立作業や屋根の設置作業を行いました。着々と作業を進めています。

10.加工場づくり① 11.加工場づくり②


3月は、里山整備活動は、間伐材の処理と薪づくりを、加工場づくりはコンクリートの流し込み作業などを行います。

また、会員向けに里山体験会として、薪割り体験と桜などの植栽を行います。


里山保全活動(1月)

2022年02月19日

例年になく、雪が降り続き、根雪になりました。

1.雪の足跡 2.古民家の氷柱


1月の活動は、予定していた里山整備は積雪のため、ほぼ出来ませんでした

(3月の植樹に向けた資材運搬を実施、植栽する樹木は事務所で養生)

3.資材運搬


月末の里山再生ワークショップは、残雪のなか、実施しました。


里山再生ワークショップでは、秋に刈り取って干していた茅を古民家の牛小屋に収納する作業を行いました。茅は、茅葺屋根の補修に利用します。

4.干した茅の収納 5.小屋に茅を収納


また、茅の先端部分を利用してミニ箒づくりを行いました。

6.WS茅を使ったミニ箒づくり① 7.WS茅を使ったミニ箒づくり② 8.WS茅を使ったミニ箒づくり③


2月は、彩りの森の間伐材の処理や加工場の設置作業を行います。


次のページ