本日 167 人 - 昨日 269 人 - 累計 134336 人

フットパス

  1. HOME >
  2. フットパス
CIMG5004フットパスとは・・・

 地域の「昔からあるありのままの風景」を楽しむ道です。
地域の方々の長年にわたる自然への働きかけや、
風土に根差した伝統的な生活スタイル、
土地への愛着などから生み出された道(小径)です。
 
 奥播磨夢倶楽部では、こうした道を歩くことを
楽しんでもらえるように、ふるさとWALKを定期的に
企画・実施しています。
実施にあたり地域づくり地元の方々や自治会と協力して、
この活動を進めています。

日本フットパス協会

 現在全国には、森林や里山・川辺・まち中や住宅地にも魅力的な道をつないだコースが
約300以上あります。地域が一体となった魅力づくりが積極的に広がっています。


なぜフットパスなの?
 人口や経済の都市への集中によって、地域格差が拡大し、地域活力の低下と地域経済の疲弊から
コミュニティも維持など地域活動が困難な状況に直面している地域が増えています。
人口の50%以上が65才以上の「限界集落」は、全国でも数千か所に及ぶと言われています。
わたしたちが暮らす奥播磨地域にもこうした現象が起きています。

 こうした中で、地域が一体となって地域自身の魅力づくりやおもてなしに取り組む新しい形として
フットパスが注目されています。

 フットパスを進めることにより、地域性豊かなに育まれた文化・歴史・産業・景観などの資源を
地域の魅力として見直し、改めて自分たちが暮らす地域に誇りを持つことや、地域が抱える課題に
気づき、協力して解決しようとする動きにつながっていくこともあります。

 地域の魅力の保存や発信を活発に行いながら、都市からの交流人口の増加をめざしましょう!


しそうフットパスコースは10コース(平成30年3月末)を設置しています。
コース1  城下町播州山崎 『やまさきまち並み探訪』
コース2  高瀬舟発着場跡 『隆盛のまぼろし』
コース3  与位の洞門   『山紫水明よいの里』
コース4  播磨一宮伊和神社『伊和大神の里』
コース5  ブルーベリーの里『トンビの背中が見える丘』
コース6  展望の古民家  『穏やかな清流と里山風景』
コース7  西八幡神社   『高台からの眺望を楽しむ』
コース8  川崎稲荷神社  『うるかの里』
コース9  伊和中山古墳群 『古墳の丘と名水』
コース10  一里堂と塩地峠 『清流千種川と鉄の道』

上記10コースを紹介したガイドブッツク『奥播磨路を歩く~しそうのフットパス~』
を発行しました。
ご希望の方は、当ホームページ「問合せ」より申込みください。
冊子は無料です。
送料のみ(100円)いただきます。
しそうのフットパス 

フットパス案内板を設置しています。
おくはりまフットパスコース in 宍粟①
IMG_5517 IMG_5519

おくはりまフットパスコース in 宍粟②
IMG_6680 IMG_6688