本日 160 人 - 昨日 202 人 - 累計 119582 人

奥播磨夢倶楽部の概要

  1. HOME >
  2. 奥播磨夢倶楽部の概要
名称特定非営利活動法人 奥播磨夢倶楽部
代表理事長  春名千代
役員副理事長 和井秀明  ※事務局長兼務
理事   上田泰三
理事   田中保治
監事   国里吉文
所在地法人事務所を2018年5月20日より以下に移転しました。
〒671-2575兵庫県宍粟市山崎町山田184番地1
おくはりま夢ナビステーション内
おくはりま夢ナビステーション ~幸福ロード~〒671-2575兵庫県宍粟市山崎町山田184番地1
電話/FAX:0790-71-0083
~展望の古民家~安賀夢庵〒671-4241兵庫県宍粟市波賀町安賀291番地
電話:0790-71-0813
E-mailokuharimayumeclub@meg.winknet.ne.jp
法人設立日平成26(2014)年12月25日
目的奥播磨地域で活動する住民に対して、地域情報の発信と
地域間交流に関する事業を行い、開かれた住みよい地域
づくりと地域活性化に寄与することを目的とします。
理念NPO法人奥播磨夢倶楽部は、ひらかれたふるさとづくりを
めざして、地域社会の活性化に貢献することを理念としています。
活動内容NPO法人奥播磨夢倶楽部では、『情報発信と交流』をテーマに、
平成30年度は以下の事業を行います。

A.情報発信事業
1.奥播磨エリア ツーリズムの推進
 (1)広域観光案内所の運営
 (2)地域情報誌おくはりま編集・発行

B.交流事業
1.古民家再生・活用と里地里山整備の推進
 (1)都市農村交流 
 (2)果樹園・菜園づくり
 (3)彩りの森づくり
 (4)茅葺き屋根の保存

2.フットパス推進
 (1)ネットワーク化
 (2)奥播磨フットパス

3.中間支援
 (1)相談・支援
 (2)企画立案

4.県境交流
 R29新因幡ライン協議会の幹事・事務局として、
兵庫県と鳥取県の民間交流を促進し、連携イベントの
開催を通して、国道29号沿線の活性化を図っていきます。

5.その他
 (1)総会、理事会の開催
 (2)奥播磨夢倶楽部ファンクラブの運営
 (3)奥播磨地域の連携強化

組織◎法人運営体制
 理事会-全体会
 事務局 
  県境交流 R29新因幡ライン協議会

◎事業推進体制(担当ごとに事業を推進)
 1.おくはりま夢ナビステーション
    (1)おくはりま編集室    (2)広域観光案内所
    (3)地域づくり相談室(中間支援)

 2.安賀夢庵
    (1)都市農村交流  
    (2)環境保全:森づくり・果樹園菜園づくり・茅葺き保存
 
 3.フットパス
 
 4.県境交流 R29新因幡ライン協議会
 
奥播磨地域の特性と課題奥播磨地域は、兵庫県下で広大な面積を占めています。
千種川、揖保川、夢前川、市川といった一級河川が流れ、
美しい山々に囲まれた豊かな自然が広がっている地域です。
古来から受け継がれてきた伝統や文化が根付いており、
資源の宝庫です。
地域の特色を活かした取り組みが盛んに行われています。

また、奥播磨地域西部は、岡山県や鳥取県との県境の地でも
あり、県境を越えた交流を行っていける環境にあり、
地域性を活かした独自の活動にも期待が持てます。

ただ残念なことに、地域づくり団体間のネットワークが
少なく、外に向けた情報発信が弱い地域でもあります。
恵まれた風土で暮らしやすく地域住民のふるさと意識が
顕在化しにくいという課題もみられます。

 奥播磨夢倶楽部では、地域の特性抽出と課題解決に向けた
取り組みを推進しています。