本日 121 人 - 昨日 197 人 - 累計 264480 人
  • 記事検索

RSS
10月29日、国道29号沿線に、新たな立寄りスポットがオープンしました絵文字

  画像

中国自動車道山崎インターから北へ約20キロ絵文字
道の駅みなみ波賀を過ぎた辺りの西側の山際に古民家が立っています絵文字

  CIMG2212

築150年くらいでしょうか。かやぶき屋根の趣きのある外観絵文字

  軒下

地元住民を招いてのふれあい喫茶は、ほのぼのとした雰囲気絵文字

  画像

この古民家は、田舎暮らし体験施設絵文字
当面は、周囲の畑地を使っての「果樹園作り」や「かかし作り」を行います絵文字

  画像

今後、雛人形や農機具など、昔の懐かしい風景を再現する展示ギャラリーを
ボチボチ整えていきますのでよろしくお願いします絵文字

奥播磨夢俱楽部と連携して活動している「ふるさと神野を考える会」絵文字

今年度のメインイベントとして、神野地区にある山城、長水城(ちょうずいじょう)を冠したお祭りを開催します絵文字

 長水城まつり(表)

長水城登山の集合場所となる五十波公民館には大きな看板が絵文字
また、国道29号沿いには多くの幟が絵文字

 看板 幟旗

奥播磨夢俱楽部では、長水城まつりに合わせて、国道29号沿線山城マップを作製、当日配布します絵文字

また、地域情報誌「宍粟市再発見!夢しそう」や「おくはりま」を販売します絵文字
特製クリアファイルがついたセットも数量限定で販売します絵文字

IMG_8035

ぜひお越しください絵文字

NPO法人奥播磨夢俱楽部では、江戸時代末期から続く古民家を改修し、田舎暮らし体験施設として活用することになりました絵文字

施設の名前は、「展望の古民家 安賀夢庵(やすがゆめいおり)」

   画像

その名のとおり、集落の小高い丘の上にあり、眺めがとてもいいです絵文字

   画像   軒下

古民家を再生しています絵文字

   画像

このたび、改修を終え、公開することになりました絵文字

   玄関

玄関は土間。少し前までの農家の造り絵文字

   和室

田の字型の和室が並び、天井や壁が時代を感じさせます絵文字

   囲炉裏

囲炉裏もありますよ絵文字

明日、10月29日、お披露目会です絵文字

「よいウォーク」は、今年で2回目となります。
前回は、実現しなかったけど、今回は実現したものがいくつかあります。

そのうちのひとつが「愛宕山展望台」への登頂絵文字
集落のなかほどに位置し、小高い丘のような丸山の頂上には愛宕神社があり、いつしか「愛宕山展望台」と呼ばれるようになりました。

丸山グランドから登り道、約100メートル。
短い距離ですが、一気に登ります絵文字

画像

お昼前、かなりキツイ急坂を上りきると( ^ω^)・・・

画像  画像

この展望が望めます絵文字

集落が一望絵文字

標高は225メートル絵文字

揖保川も「よいたいトンネル」もはっきり見えます絵文字

登り切った感のある参加者たち

充実した汗をいっぱいかいて休憩絵文字

画像

愛宕神社への参拝も欠かせません絵文字

下山後、昼食場所の与位神社へと向かいます絵文字

彼岸花

沿道には、彼岸花がいっぱい絵文字

画像

どこに抜けるのかな・・・

 to be continued

「よいウォーク」は、与位の洞門を抜け、与位集落へと入っていきます絵文字

田園風景から一転、住宅が密集している集落内で最初に目に留まったのがこれ絵文字

「樫ノ森塚」と書いてあります絵文字
ガイドの説明によると郷土力士の顕彰碑だと言います絵文字

画像

現在の国道29号沿線であるかつての因幡街道筋は、郷土相撲が盛んで、ここ与位でも鳥取方面から相撲を取りに来られていたそうです絵文字

さらに進むと・・・民家の一角に燈籠があります絵文字
「御神燈」と呼ばれるこの燈籠、集落の入り口を示す灯台のような役割を果たしていたといいます絵文字

画像

燈籠の後ろには、万延元年と記されています絵文字
この年は、西暦でいうと1860年。桜田門外の変が起こり、咸臨丸がアメリカに向けて出航したりと、幕末の大きな出来事がたくさん起こった年でもあります絵文字

与位集落は、洪水の危険のある揖保川沿いを避けるため、川岸から離れた少し高い所にあります絵文字
集落へは、川沿いの水田地帯を抜けていかねばなりません絵文字
江戸時代の末期、真っ暗のなか、帰りが遅くなった村人たちは、この灯りを見るとホッとしたことでしょう絵文字


絵文字絵文字絵文字


与位神社の手前に大きな木があります絵文字

画像

これは、天然記念物の「イチイガシ」という木で樹齢400年だそうです絵文字

沿道で見つけたお花絵文字

花


絵文字の石碑は何でしょう絵文字

子勝神社本殿跡碑

与位集落には、かつて氏神様が2社ありました絵文字
そのうちのひとつで与位神社で、もうひとつが子勝神社で、明治42年に与位神社に合祀されました絵文字

石碑は、かつて子勝神社の本殿があった場所だったのです絵文字


江戸末期から明治にかけての歴史の痕跡が残っている集落を抜けて、いよいよ愛宕山展望台へ向かいます絵文字

9月25日、今年度は日曜日に開催している「ふるさとウォーク」
絵文字
秋は、風光明媚な山里、宍粟市の与位(よい)地区を散策しました絵文字

幟旗

今回も、素敵な風景を探しながらのウォークで、ずばり「よいウォーク」絵文字
まずは、スタート地点となったJA支所跡地から市指定文化財の「与位の洞門」を目指します絵文字

お花畑

お花畑の横を通ります絵文字
この辺りは、ガーデニングされているお家も多いそうです絵文字

かつては、揖保川の両岸に橋はなく、渡し舟で行き来していたそうです絵文字

船着場?

この辺りかなぁーと地元のガイドさん絵文字
その後、かけられた国道の橋も、今より西側にあったそうです絵文字

橋の跡を見る

揖保川の水かさが減ると、かつての橋脚が見えるそうです絵文字
揖保川の流れを見ながら進むと、「与位の洞門」が見えてきました絵文字

揖保川  看板

まず、最初のビューポイントは、この洞門絵文字
ダイナマイトで岩をくり抜いて作っています絵文字

洞門

明治末期に掘られ、少しずつ穴を大きくしていき、トラックが通れる大きさになりました絵文字

洞門をくぐると前方に与位の集落へと続く1本道が絵文字

真っ直ぐな道

田んぼのあぜに彼岸花が咲き乱れるなかを一路、与位集落へと進んでいきます絵文字

画像  彼岸花


次回は、与位集落内の様子をレポートします絵文字

宍粟市一宮町絵文字

県道8号で宍粟市から神河町に至る道中に山田の里はあります絵文字

傾斜地に石積みの棚田が連なっています絵文字

   コスモスと棚田

見晴らしが素晴らしい地区です絵文字

   見晴らし 
   
今年で4回目を迎えた棚田のあかり絵文字

   棚田のあかり1

昨年との違いは日中のイベントの前日に行なったこと絵文字

前夜祭のような雰囲気のなか、約3千個の灯りが灯ります絵文字
LEDの灯りもありますが、やはり、いいのはろうそくの灯り絵文字

   ろうそく

和紙とろうそくで照らされた棚田のあかりは、温かな色あいを生み出していました絵文字

   棚田のあかり2

棚田一面に広がる灯り風景は、いつ見てもいいですね絵文字

   棚田のあかり3

今回のイベントでは、武家屋敷を公開するとともに、三日月藩ゆかりの地を巡るガイドツアーも行われました絵文字

午前と午後の2回、どちらも大盛況でした絵文字

午後の部の様子です絵文字
ガイドさんの横には、ラジオ関西のパーソナリティの谷五郎さんの姿も絵文字

  説明  画像

ここに残る5つの武家屋敷や町割りの説明がありました絵文字
当時の待ち割りが今も残っています絵文字

秋の田園風景のなか、散策しながら三日月陣屋へと向かいます絵文字
道中には、道標も絵文字

  画像  画像

三日月陣屋は、三日月藩の中心となる建物で、ここを中心として武家屋敷が広がっていました絵文字

  画像  画像

陣屋内には展示室もあり、地域ガイドによる説明が行われました絵文字

  展示室

陣屋門から西に向かうと列祖神社と廣業館があります絵文字

  画像

左の大きな建物が廣業館、右が列祖神社絵文字

もともと明治に小学校として使用されていた建物で、ここに移築保存されています絵文字

廣業館とは、三日月藩の藩校の名称です絵文字

  廣業館  画像

ガイドツアーの最後は、日岡八幡神社絵文字

  画像  画像

大きな神社で、階段が長い絵文字

田園風景を散策しながら約2時間のガイドツアーを満喫しました絵文字

  画像  画像

三日月藩の魂を継承する地域住民の心意気。今後が楽しみです絵文字

  幟