本日 109 人 - 昨日 197 人 - 累計 264468 人
  • 記事検索

RSS
若桜駅から徒歩10分程のところに若桜神社があります。

鳥居

風情のある参道を歩くと山門があります。
ここは、秋には、ご覧のような紅葉の名所になります。

紅葉

しかし…ここは、階段が200段あります!!

階段

健脚じゃないと参拝は、難しいかも。
なので、無事参拝出来たら、ご利益ありそう(^^♪

本殿


そして、宿場町若桜には、若桜鉄道があります。

昭和5年に全通した国鉄若桜線がその前身で、昭和62年に第3セクターの若桜鉄道となりました。

宿場町若桜と八頭町の中心部にある郡家を結び、JR因美線に乗り入れて、鳥取駅まで直通しています。

若桜鉄道

若桜鉄道は、駅舎や橋梁などが開業当時のまま残っており、平成20年に、23の鉄道関連施設が有形文化財に指定されました。

若桜駅もそのひとつ。

若桜駅

若桜鉄道の駅には多くの案山子が彩りを添えています(^^♪

若桜駅2

沿線風景も相まって、ノスタルジック溢れる若桜鉄道。

ぜひ、一度乗車して見てください。
全線乗り通しても30分。魅惑のローカル線の旅を!!

阿部駅

神崎郡市川町に「ひまりん観光案内所」があります。
もと、喫茶店であった場所に、半年前にオープンしました。

案内板

入口には「ひまりん」がお出迎え絵文字

入口

顔出し看板もあります!!

顔出し看板

店内には、市川町の特産品コーナーやひまりんグッズのコーナーも。
もちろん、観光パンフレットもたくさんあります絵文字

ひまりんグッズ

また、喫茶コーナーもあるので、店内でお茶を飲みながら、市川町の観光パンフレットを見ることが出来ます絵文字

喫茶コーナー

なぜか、ゴルフのアイアンが展示してあります絵文字

アイアン

そう、市川町は、アイアン発祥の地なのです絵文字

市川沿いを国道312号で北上して、神崎病院のある交差点を左折し、道なりに進み、播但自動車道をくぐると右手に、山一面に桜の木が植栽されています。

ここが「かんざき桜の山 桜華園」です。

看板

入り口で入場料300円を支払い、お稲荷さんの参道に並行した遊歩道を進みます。

画像

平成20年から植栽を始め、今年で9年目。いい感じです(^^♪

山々

あちこちにベンチや東屋(休憩所)もあり、のんびりと散策できます。
見晴らしがとてもいいですよー

多くの人がお弁当を持って、花見を楽しまれていました。

遠景

また、山菜もたくさんあり、ワラビをたくさん採られた方もいらっしゃいました(^^♪

ソメイヨシノは、もう散りましたが、さまざまな品種が植えられ、5月上旬まで楽しめますよ!!

桜


桜華園情報はこちらからどうぞ

かんざき桜の山桜華園

若桜鉄道の若桜駅や道の駅若桜から15分ほど歩くと、若桜郷土文化の里があります。

  郷土文化の里

道中には、川の中州に作られた「中之島公園」もあります(^^♪

若桜郷土文化の里は、文化財の建築物が集められており、いろんな年代の建築物が楽しめます絵文字

まずは、鳥取県指定保護文化財「三百田氏住宅」

  三百田氏住宅

元禄7年(1694)に建てられた庄屋で、平成4年(1992)にこちらに移築されました。内部の様子です。

  古民家内部

案山子もいますよ絵文字

  かかし

この古民家では、田舎弁当を食べることができます(要予約)

  田舎弁当


こちらは、若桜町指定文化財の「若桜町歴史民俗資料館」。

  民俗資料館

かつて、銀行であった建物で、帳場や金庫があります。

  帳場  金庫

入り口から見ると庭園が水墨画のようです絵文字

  画像


また、「たくみの館」は、若桜町の伝統的な工芸品などの展示や体験実習室などがあり、木工ろくろ体験(1時間300円)も出来ます。

訪れたときはアート展が開催されていていました。

  アート展  アート展②

ここからは、若桜鬼ヶ城跡や宿場町若桜が見下ろせます。
ぜひ、訪れて見てください絵文字

若桜町の見どころは、まだまだありますよ絵文字

緑に囲まれた山深い宍粟市波賀絵文字にも春が訪れています絵文字

画像 宝殿神社の桜①

波賀の桜

その波賀に創作そばのお店があります絵文字

創作そば和幸④

昨年の夏にオープンしたばかりですが、雪の多い地域ですので、
冬期は休業していました。

そして、4月9日(土)にリニューアルオープンしました(^^♪

画像

仕込み中のお店を訪ねると、店主は明日の開店準備に余念がありません。

明日に向けて仕込んだそばを試食させていただきました絵文字

画像

趣味が高じて、そば屋を開店したという店主。
創作そばは、カレー、トマト、豆乳など、様々な食材とコラボ。

包丁を変え、昨年よりも麺が細くなり、のど越しもさらに良くなりました絵文字

店内には、店主が自作したバイクが展示されています。

創作そば和幸③

また、店主の趣味の陶器も飾られています。

画像

開店を待つ古民家をリノベーションしたお店。

創作そば和幸⑥

爽やかなのど越しの創作そばをいただきに、宍粟市波賀までドライブしてみませんか絵文字


国道29号を山崎インターから北へ約20キロにある斉木口交差点を西に向かうと2~3分のところにあります絵文字

1日限定20食ですので、土・日は予約をしたほうがいいかも絵文字

月曜日が狙い目ですよ絵文字


創作そば 和 幸

宍粟市波賀町斉木1484

営業日:土・日・月 11:00~15:00

☎090-2117-4141


国道29号沿線が日本風景街道に登録されました。

これから、沿線の魅力を紹介していきます。

最初は、鳥取県八頭郡若桜町です。

国道29号の戸倉峠の北西に位置するこの町は近年、宿場町として観光PRを行っています。

初回は、宿場町としての見どころを紹介します。

町の目立つところにある看板に鬼がいます。

画像

これは、町の東南にある若桜鬼ヶ城から由来しています。

案内板

奥播磨夢倶楽部のメンバーが視察してよかったのが蔵通り。

蔵通り

蔵通りは、メインストリートの裏通りですが、ここはお寺が並んでいる寺町でもあります。

メインストリートは、仮屋(カリヤ)通り。

カリヤ通り

最近、古民家をリノベーションしたお店や展示館が相次いでオープンしています。

こちらは、若桜民俗工芸館

民俗工芸館

ダイニングカフェ新(あらた)

ダイニング新

他にも、昭和おもちゃ館もあります。


水路を活かした景観は、清流ルネッサンスと呼ばれています。

清流ルネッサンス