本日 20 人 - 昨日 278 人 - 累計 292947 人
  • 記事検索

RSS

播州山崎本多まつり~歴史編~

播州山崎は、播磨灘に流れ込む揖保川の中流域にある盆地にあります絵文字
宍粟市内

江戸時代の初期に、町割りが行われ、城下町として発展してきました絵文字
山崎陣屋

揖保川の高瀬舟の発着場として周辺部から集められた産物を運び、交通の要衝として栄えました絵文字
東出石

徳川家康公の娘婿で、現在の姫路城を築城したことで名高い池田輝政公の4男の輝澄公が播州山崎に入り、大坂夏の陣のあった1615年に宍粟藩として成立しました絵文字
画像

しかし、池田輝澄公はお家騒動があり、因州鹿野に移ります絵文字
画像

以後、松井、池田3代と藩主が移り、1679年に大和郡山から本多忠英公が播州山崎に入り、明治維新まで8代189年間、この地を治めました絵文字
大和郡山城天守台

播州山崎本多まつりでは、長きにわたり播州山崎を治めた本多家の足跡を辿る「山崎藩ゆかりの地巡り」で、本多公への理解を深めていただこうと計画しています絵文字
本多家家紋

当日は、古地図を片手に散策し、往時の歴史を偲びます絵文字
古地図

本多家の菩提寺である大雲寺では、藩主寄進の曼荼羅を本邦初公開予定です絵文字 

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):